ワイナリー

  • ビッビアーノ

    ●ジュリオ・ガンベッリが60年かけて作り上げた● ジュリオ・ガンベッリが提唱した長期マセラシオンに代表される独特のワイン造りを今に残す。現代のキャンティ・クラシ コの濃厚で力強さを重視した潮流とは違い繊細で赤系果実を感じさせる。 故ジュリオ・ガンベッリの教え 「ビオンディ・サンティ」に学び、...
  • ジョルジュ・デコンブ

    ●マルセルの1番弟子『濃厚』モルゴン● モルゴン村で最も標高が高い畑を所有。葡萄はゆっくりと完熟するのを待って収穫され、セミ・マセラシオン・カルボ ニックで醸造。タンニンと凝縮度の高さは他のモルゴンを圧倒する。 マルセルのワインは衝撃だった ヴァン・ナチュールの造り手の間でも人気者で「ヌヌ ...
  • ラ・パント

    ●アルボワを復興させる為に作られた老舗ドメーヌ● アルボワでも有数の老舗であり家族経営を続けるドメーヌ。ビオディナミの導入でより表現力を増している。特にサヴァニャン、ムロン・ア・クー・ルージュ、ヴァン・ジョーヌはアルボワ最高レベル。 1952年設立 ジュラの住民なら誰もが知っている由緒正しき...
  • ロンコ・セヴェロ

    ●グラヴネル、ラディコンに学び進化する注目株● 長期マセラシオンの白ワインながら平坦でなく、輪郭がはっきりある完成度の高さ。赤ワイン「スキオペッティーノ」も 透明感があり品種個性がはっきりと味わえる。 椅子の背に立つ少年 ちょっと変わったエチケット。フリウリは木製家具が名産品。その名産品、フ...
  • サンタ・ディエチ

    ●5軒しか存在しない『シエナ』の造り手の1人● 会計士を辞めワイン造りに転身。キャンティの造り手パーチナにワイン造りを教わりながら、年々成長している若手注 目株。もう既に偉大なサンジョヴェーゼの片鱗を見せ始めている。 シエナに5軒残るカンティーナ 税理士として働いていた「ジャンニ・マッソーネ...
  • ノエリア・リッチ

    ●山のサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ『プレダッピオ』● 高い標高と硫黄含有量が高い土壌。海洋性気候の影響を受けない冷涼な気候。生産性が悪く、濃厚さもないので 敬遠されてきたが、唯一無二の個性。新しいサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ。 高地プレダッピオ・アルタ 東西に長い「サンジョヴ...
  • ラ・モナチェスカ

    ●元塩田の畑『ヴェルディッキオ・マテリカ』● イタリア白地品種の中で最も長熟な品種と言われるヴェルディッキオ。その中でも内陸性気候のマテリカのミネラル、 酸度は非常に高く、熟成ポテンシャルも非常に高い。 山のヴェルディッキオ ロンバルディア出身のベネディクト派の僧侶が旅の途 中、マテリカ...
  • コフェレルホーフ

    ●イタリア最北『ヴァッレ・イサルコ』のケルナー● イタリア最北の産地ヴァッレ・イサルコ。この地域独得の溌剌とした酸とミネラルを活かす為に全てのワインはノン・ マロラクティックで仕上げられる。 アバッツィア・ディ・ノヴァチェッラ イタリア最北の産地がアルト・アディジェの「ヴァッレ・ イサル...
  • レ・カニエッテ

    ●最南端リパトランソーネの『ロッソ・ピチェーノ』● 沿岸部の平野で造られるロッソ・ピチェーノがほとんどだが、レ・カニエッテは唯一認可されている内陸部リパトランソ ーネに畑を所有し、量では無く質を重視したワイン造りを行っている。 ロッソ・ピチェーノ唯一の石灰土壌 1960 年代「ラファエル...
  • イ・クリヴィ

    ●マロラクティック発酵なしで樹齢80年の古樹を表現● 『マセラシオンしない』、『マロラクティック発酵しない』、『野生酵母のみでの発酵』、『清澄しない』。高樹齢の樹のエ ッセンスをできる限り素直に表現する。 荒廃した畑を復活させる 『20年前、この地のワイン文化は失われていた。土地の味のす...
  • フォラドーリ

    ●樹齢80年のテロルデゴ『グラナート』● 90年代にテロルデゴの伝道師として注目されたエリザベッタ・フォラドーリ。実は10年以上もかけて自家製プレパ ラシオンを使って土壌改善に取り組んできた。 エリザベッタの変化 トレンティーノを代表する造り手「フォラドーリ」の現当主「エリザベッタ・フォ...
  • ラ・クロッタ・ディ・ヴィニュロン

    ●イタリアで最も長い歴史を持つ『ミュスカ』● 14世紀からの伝統ワイン『シャンバーヴ・ミュスカ』。甘い香としっかりとした厚みは前菜から肉料理まで幅広く合わ せられる。このワインの伝統を守り続けている協同組合。 1980年設立の協同組合 イタリア最西端に位置する「ヴァッレ・ダオスタ」。アル...