ワイン見聞録へようこそ。
会員登録いただくと、10%OFFの特別価格で商品をお買い求めいただけます。

ログイン情報をお持ちの方はログインを、会員登録がお済みではない方は
以下より会員登録を行なっていただいた後に当サイトをご利用ください。

はじめての方は
こちら

無料会員登録

ログイン情報を
お持ちの方

ログインする

ログイン前にカートに入れた商品については割引対象になりません。
お手数をおかけしますがログイン後に再度カート画面へお戻りいただき、注文へとお進みください。

サンタ・トレ
サンタ・トレ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サンタ・トレ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, サンタ・トレ

オリエンタルな香りに旨味たっぷり

サンタ・ディエチ

サンタ・トレ

通常価格
¥3,850
販売価格
¥3,850 ¥3,850 (税抜)
通常価格
(税抜)
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

750 ml

2019

イタリア/トスカーナ

白(オレンジ)

ミネラル感+丸み

2012年からトレッビアーノ単一でワインを造り始めた。シエナ南部、東向きの畑。できる限り葉を多く残して葡萄が焼けないように栽培。できる限り遅い収穫。

ラベルはとっても可愛いが、味わいは大変上品でバランスも素晴らしいオレンジワインです!

たっぷりの旨味に程よいタンニン

五香粉、アプリコット、コンフィチュールの香。口中は圧倒的な果実のボリューム感がありながらドライ。リッチで太く長く続く余韻は圧巻!

ライトボディ フルボディ
フレッシュ 複雑
酸味 甘味
タンニン弱 タンニン強
生産者 サンタ・ディエチ
品種 トレビアーノ
生産地域 イタリア/トスカーナ
VIN 2019
白(オレンジ)
カテゴリー IGT
醸造・熟成 収穫後、徐梗してステンレスタンクへ。足で踏んで破砕、野性酵母のみで発酵。マセラシオンはヴィンテージによるが、1週間から1ヶ月。6ヶ月ステンレスタンクで熟成後、ボトリング。
アルコール度数 13%

WINERY

生産者情報

サンタ・ディエチ

●5軒しか存在しない『シエナ』の造り手の1人●

会計士を辞めワイン造りに転身。キャンティの造り手パーチナにワイン造りを教わりながら、年々成長している若手注 目株。もう既に偉大なサンジョヴェーゼの片鱗を見せ始めている。

シエナに5軒残るカンティーナ

税理士として働いていた「ジャンニ・マッソーネ」はスト レス性胃炎で体調を崩してしまう。仕事を続けていく か悩んでいた時、相談したのが「パーチナ」の当主 「ステファノ」だった。

『妻の妹がパーチナのステファノと結婚していたので 親戚のような関係だった。ステファノの自由な生き方 に惹かれていった』

「ジャンニ」は税理士を少し休みながら自宅周辺の荒 れ果てた葡萄畑を再生し始める。

『2003 年にサンジョヴェーゼを中心にプティ・ヴェル ド、カベルネを植樹した』

お爺さんが所有していた 1.5ha の葡萄畑と 480 本の オリーヴの樹を含む 8ha の土地を相続し、地下を熟 成庫、ガレージを醸造所に改装してしまう。 場所はシエナの南 10km の丘の上。自宅の周辺が 葡萄畑になっている。その周辺を森林が囲っていて 自然に囲まれた環境。

『シエナには造り手は 5 軒しか残っていない。シエナ に近いので皆シエナで働くことを選び、葡萄畑は荒 廃していった』

「パーチナ」の「ステファノ」の協力で葡萄畑を再生し ていった。無施肥の自然農法を実践しながら、土壌 を作っていく。

『今まで一度も薬品を使っていない畑。除草剤も肥 料も使用していない。葡萄以外の植物が育っていた ので複雑性もある』

醸造に関しても全くの素人だったので「ステファノ」に 学び、自然なワイン造りを目指していった。

『50 年以上放置されていた畑。見た目は悪いが土 壌は健全だった。凝灰岩と砂を多く含む粘土質でト ゥーフォと呼ばれる』



年産500ケース

2007 年が初ヴィンテージ。年産 500 ケースの生産 量なので専業では不可能。税理士を続けながら、毎 朝、毎週末に葡萄畑を管理している。 醸造所は小さなステンレスタンクが 5 つだけ置ける小 さなもの。設備も最小限。

『発酵はステンレスタンク。温度管理機能は付いて ないので 30 度まで温度が上がらないように冷水を かけながら発酵させる』

発酵は野生酵母のみ。ボトリング前の極少量の亜硫 酸以外は何も足さない。清澄もしない。フィルタリング も行わない。 「サンタ・スビト」は樽にも入れないでステンレスタンク で熟成。何度か移し替えをすることで澱をひく。 「サンタ・ディエチ」はトノーで熟成。少しずつ色々な樽 を買い足していてフードル樽も試している。 以前は発酵容器も揃っていなかったので全品種を 同じタイミングで収穫していたが、ここ数年で分けて 収穫し、発酵させるように変更。

『カベルネは早く熟すので、以前は過熟していた。今 ではカベルネをベストのタイミングで収穫し、発酵で きるのでワインに構成力が出てきた』

樹が若いのでサンジョヴェーゼだけでは味の構成力 がなく、複雑味が足りない。最適のタイミングで収穫 されたカベルネはワインに背骨を与えてくれる。

『キャンティよりも重厚で硬いので飲み頃になるまで に時間が必要。今後は少しマセラシオンを短くして 飲みやすさを出したい』

「サンタ・ディエチ」のリリースは収穫後 5 年。バローロ よりも長い熟成期間を経てリリースされる。


家族を表すエチケット

自宅兼醸造所の隣には中世の塔が建っていてアグリ ツーリズモになっている。地下で自宅とつながってい てボトル熟成庫になっている。

『塔の地下を修復していたら、昔ワイン貯蔵庫であっ たことが判明した。その時にワイン造りという私の夢 の選択は正しかったと確信した』

「ジャンニ」と「エリサ」夫妻は 2 人の子供と共に暮らし ている。彼等のエチケットは家族を表している。

『樹は家と葡萄の樹を表す。4 つの葉は家族 4 人を 表していて、葡萄の樹のように家族 4 人が成長して いく様を表している』

また、彼等はサンジョヴェーゼを使ってブランデーを 蒸留している。果皮ではなく、果汁を蒸留したブラン デー「スピリト・サンタ」も秀逸。