ランゲ・ロッソ 2018
ランゲ・ロッソ 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ランゲ・ロッソ 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ランゲ・ロッソ 2018

チャーミングだけじゃない、バランス◎の日常ピエモンテ

G.D.ヴァイラ

ランゲ・ロッソ 2018

通常価格
¥2,640
販売価格
¥2,640 ¥2,640 (税抜)
通常価格
(税抜)
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

750ml

2018

赤ワイン

『可愛らしい!』とつい言ってしまうチャーミングなワイン!

★Wine Enthusiast 96point 獲得!

まさにラベルイメージ通り、各畑の若い樹を使って造られるカジュアルワイン。


料理にも合わせやすいエモンテでは貴重なワイン。

6品種が互いの個性を引き立て素晴らしバランスに!

木苺ジャムのような甘くて華やかな香り。飲み口も柔らかく甘やかで酸が全体を支えている。様々な料理に合わせやすい万能ワイン。

ライトボディ フルボディ
フレッシュ 複雑
酸味 甘味
タンニン弱 タンニン強
品種 ネッビオーロ、ドルチェット、バルベーラ、アルバロッサ、フレイザ、ピノ・ネロ 
VIN 2018
赤ワイン
アルコール度数 13.5%

WINERY

生産者情報

G.D.ヴァイラ

●すみれの香がする畑『ブリッコ・デレ・ヴィオーレ』●

バローロ村の代表的造り手で、多くの醸造家がここで学んで独立していった。アルド氏は多くの造り手から先生と慕 われる醸造家であり人格者。現在では息子のジュゼッペも醸造に参加。

86年の雹害が転機

現当主「アルド・ヴァイラ」と「ミレーナ」は穏やかでピ エモンテは勿論、他の産地の造り手からも慕われる 人格者。醸造や栽培の経験を若い世代に伝えるこ とにも力を入れていている。 現在は息子の「ジュゼッペ」が醸造を担当。「イシド ロ」が栽培担当としてカンティーナに参加し、家族経 営を続けている。 「アルド」の父はワイン造りを仕事とせず、アルバで働 いていた。「アルド」は醸造学校を卒業後、お爺さん が所有していた僅か0.3haの畑と樽の鉄枠だけを相 続してワイン造りを開始する。

『転機は不況下の 1986 年。雹害で全ての畑が壊 滅的な被害を受けた。多くの造り手が廃業したが、 僕は借金をして畑を買い増した』

この判断で「アルド」はバローロ村の重要な畑「ブリッ ク・ヴィオーレ」「フォッサーティ」「レ・コステ」等最良 の畑ばかりを所有している。

 

伝統派でなく現代派でもない

彼等はワインが美味しいのは当然と考える。その上 で安全で清潔でなくてはいけない。そして、美しいも のでなければならない。

『リンゴジュースを飲めばリンゴの味。他の味は必要 ない。バローロを飲めばネッビオーロの味だ。樽由来 の甘味、タンニン、香は必要ない』

タンク内で全ての葡萄が一斉に発酵を始めることが 重要。ジュースの部分は酸化とバクテリアに侵され、 葡萄以外の香で出てしまう。 彼等のバローロは均整の取れた酒質。素直にフル ーツを感じさせる。熟成と共に妖艶さを増していくが、 ネッビオーロらしさは薄れない。

『僕等は伝統派だが、革新的でありたい。だから毎 年 100 種以上の発酵を行い、最適の発酵を試して いる。醸造は毎年変わる』

ネッビオーロはカベルネやメルローと違い果汁自体 に「アントシアニン」を含まない。

『香味成分は果皮に多い。だからフォラトゥーラ(櫂 入れ)が大切。櫂入れで果皮にアルコールが染み 香味成分を抽出する』

高樹齢の葡萄は小粒なので果皮比率が高い。高樹 齢であれば過度な抽出は粗さをだしてしまう。櫂入 れも半分程度で果帽をぬらす程度。強く動かしては いけない。 「ブリッコ・デッレ・ヴィオーレ」は樹齢 50 年を超える。 マセラシオンは25日間と長いが、櫂入れは他のバロ ーロの半分程度となっている。

『ブリッコ・デッレ・ヴィオーレはミケとランピアだけの 50 年樹。寒い畑なので名前の通りスミレの香が出 る。強く櫂入れすると繊細な香は消えてしまう』

 

マルセル・ダイスから移植

彼等は様々な挑戦を続けている。「アルド」の醸造 学校の卒業論文は「白ワインのマロラクティック発 酵」だった。そして、当時憧れていた品種リースリン グを植樹した。

『友人マルセル・ダイスの 100 年以上の畑から無作 為に取った色々なアルザス・クローンとドイツ・クロー ンを混植してみた』

単一のクローンでは複雑味がでないことをマルセル・ ダイスは知っていた。だから彼の畑は色々なクローン が混植されている。

畑はセッラルンガの近く。岩盤の上にある畑で石 灰が強くネッビオーロには痩せすぎている』

当初、全く売れなかったというリースリングは今では ランゲ地方だけで 14 もの造り手がリリースする人気 品種となった。 ヴァイラは全ての品種が素晴しい。中でも「ドルチェ ット」は秀逸。通常、ドルチェットは低価格なので収量 を多くしがち。だからヴェジタルな風味がでる。

『通常、収量が落ちるので 30 年程度で抜かれるが コステは 50 年、フォッサーティも 30 年と高樹齢。チ ェリーやスミレの香』

「ドルチェット・コステ・エ・フォッサーティ」はバローロ のクリュ「コステ」と「フォッサーティ」に植えられた贅 沢なドルチェット。ヴェジタルなニュアンスは全く無く、 「アルド」曰く卵料理にも合わせられる。

⇒"G.D.Vaira" ワイナリーWebsiteはこちらから!