コレクション: フィリップ・パカレ(石原)

《生産者について》

フランス・ブルゴーニュの自然派の代表格!故マルセル・ラピエールを叔父に持ち、ジュール・ショヴェ最後の教え子とも言われている。プリューレ・ロックの醸造を10 年間担当した後、 D.R.C から醸造責任者の誘いがあったがそれを断り2001 年に独立。そして始めたのがこの「フィリップ・パカレ」

《生産者のポイント》

「ジュール・ショヴェ」に学んだヴィニュロンは数多いが 「フィリップ」が最後の教え子で全てを学んだと言われている。

●「フィリップ」が最も大切にするのが畑に生息する野生酵母。土壌の力をワインで表現する為には野生酵母でないと無理。そしてその酵母を最大限に働かせるため、温度管理はしない。そうすることによって複雑味やその畑の個性が出るワインを造れる。

 

●自然なワイン造りは化学でもある。「必要ない化学薬品を捨てる為にはワインに関する化学を全て知るしかない」というジュール・ショヴェの言葉を元に、理論にかなった自然なワインを生み出している。

《ワイン見聞録から一言》

自然派であり、古典派。ブルゴーニュ好きの方はまず「フィリップ・パカレ」を飲んでほしい!
0個の商品

申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。