シャトー・カンボン/マリー・ラピエール&シャヌデ

●今は亡き『自然派の父』マルセル・ラピエール●

ボジョレーのみならず世界の葡萄栽培家に大きな影響を与えた故マルセル・ラピエール。現在は妻のマリーと息子の マチューが意思を継ぎ、カンボンらしい活き活きした果実のワインを造っている。

自然派の父マルセル

2010 年秋、60 歳の若さで他界した「マルセル・ラピエール」。彼の訃報はボジョレー地区だけでなく世界 各国の醸造家、ワイン愛好家を悲しませた。

『ワインに対するあらゆる化学を知ることで、あらゆ る化学からワインを守る』

これは「マルセル」の言葉であり「ジュール・ショヴェ」の教えだった。この言葉から全てが始まった。「アンリ・フレデリック・ロック」「フレデリック・コサール」「マルク・アンジェリ」「フィリップ・パカレ」「ピエール・ブ ルトン」…。 「マルセル」に影響を受けた造り手達は各地域で自 然なワイン造りを追求。大きなムーヴメントとなってい った。 「マルセル」は「ジュール・ショヴェ」の最も近くにいた 人であり、伝達者だった。そして偉大な人格者だっ た。だからこれだけ多くの造り手が賛同した。

『1981年からボルドー液以外の薬剤は一切排除した。必要に応じて極僅かな植物由来の堆肥を撒く だけ。大きな決断だった』

 

火山由来の花崗岩が堆積してできている彼等の土 壌は黒く大きな岩が散らばっている。

『モルゴンのような力強い土壌ではない。典型的な 花崗岩で香豊かで軽やかなワインを産む』

71B酵母は嫌い

区画毎に収穫された葡萄は木製、ホーロー等色々 な大きさの発酵槽に投入。一晩置かれる。

『寒いセラーではコールド・マセレーションが自然に行われていると言える。これによって果実由来のア ロマ、フレッシュさが抽出される』

発酵は野性酵母のみでゆっくりと始まる。炭酸ガス を利用した「セミ・マセラシオン・カルボニック」。嫌気 的環境でガメイの純粋さを抽出していく。品種由来 の個性を大切にしている。

『ボジョレーでは 71B 培養酵母が使われることが多 い。この酵母がバナナのような一般的なボジョレー の香を作る。僕等は絶対に使わない』

軽やかさ、純粋さ、そして華やかさを「ボジョレー」には求めている。それにはセミ・マセラシオン・カルボニ ックが必要。肩肘張らない日常の楽しさがある。

『畑の自然環境を壊すことなく育てた葡萄を畑に自 生する野性酵母によって発酵させる。こんなシンプ ルなワイン造りに辿り着くまでが大変だった』




樹齢100年シャトー・カンボン

最重要畑が「グリ・ミディ」。クリュ「フルーリィ」に隣接 する畑で 1914 年植樹の最も古い区画。世界大戦中、男性が戦争に行ってしまう為、良い畑 だけを残し、他は捨て、少量だけ女性だけでワインを 造った。

『その畑が「グリ・ミディ」。樹齢は 100 年。土壌、日 照条件も最高で毎年完熟する。この畑から特別キ ュヴェのシャトー・カンボンが造られる』

葡萄の完熟が難しく、歴史的に補糖が行われてきたが、この畑は毎年糖度が上がり、補糖が必要なかっ たそう。それほど条件が良い畑。 「マルセル」が亡くなった後、妻の「マリー」と「マルセ ル」の幼馴染で共同経営者でもある「ジャン・クロ― ド・シャヌデ」と共にワイン造りを続けている。息子「マチュー」は「ドメーヌ・マルセル・ラピエール」 のワイン造りを担当。親子で分割してワイン造りを行 っている。