エトナ・ロッソ・コントラーダ・カヴァリエーレ
エトナ・ロッソ・コントラーダ・カヴァリエーレ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, エトナ・ロッソ・コントラーダ・カヴァリエーレ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, エトナ・ロッソ・コントラーダ・カヴァリエーレ

エトナ南西部、標高900-950m、南向きの傾斜。降水量は著しく少ない。アンジェロ・ガヤとグラーチによるイッダの畑に隣接している。この地域は今、大注目!

ベナンティ

エトナ・ロッソ・コントラーダ・カヴァリエーレ

通常価格
¥6,160
販売価格
¥6,160 ¥6,160 (税抜)
通常価格
(税抜)
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

750ml

2017

赤ワイン

この地域は今、大注目!

エトナ南西部、標高900-950m、南向きの傾斜。降水量は著しく少ない。アンジェロ・ガヤとグラーチによるイッダの畑に隣接している。

上品で長い余韻がずっと続く…

ゆっくり時間をかけて完熟した葡萄ならではの複雑味や深さは簡単には出てきません。このワインにはそれが確実にあるんdす。

ライトボディ フルボディ
フレッシュ 複雑
酸味 甘味
タンニン弱 タンニン強
品種 ネレッロ・マスカレーゼ
VIN 2017
赤ワイン
醸造・熟成 フレンチオークトノーで12ヶ月間熟成後、9ヶ月間瓶内熟成
アルコール度数 14.5%

WINERY

生産者情報

ベナンティ

●『エトナ』の歴史はベナンティの歴史●

近年一気にその名声を高めたエトナ。イタリアで最も注目されている産地と言えるがエトナの歴史はベナンティから始 まった。樹齢100年を超える自根の樹も多く所有。

 

エトナの歴史を作った一族

 1800 年代末「ジュゼッペ・ベナンティ」がカターニャ の「ヴィアグランデ」でワイン造りを開始。その後、財 産分与を繰り返し、畑は細分化されてしまう。 1988 年、初代ジュゼッペの孫で現当主「ジュゼッペ・ ベナンティ」が畑を買い戻し、エトナのワイン造りの復 興を目指して動き出した。

『当時のエトナは全く注目されていなかった。父、ジュ ゼッペはサルヴォ・フォーティと共にエトナの個性を表 現したワイン造りに注力した』

当時「エトナ」のワインはシチリアワインと呼ばれていた。 「エトナ・ワイン」ではなかった。彼等はエトナ火山の黒 い火山岩土壌を活かした「エトナ」固有の味わいを実 現していった。

『エトナの歴史はベナンティの歴史。エトナのポテンシ ャルを引き出し、エトナ・ワインとは何かを決めたのが ベナンティ。エトナ=ベナンティなのです』

今では世界中で人気となった「エトナ・ワイン」。世界 中でも珍しい火山岩土壌から生まれる赤ワイン。PH が低く、独特の硬質感を持っている。

『シチリアワインの6%がエトナ・ワイン。エトナはシチリ アワインではない。エトナはエトナ・ワイン。シチリアは 海のワインだがエトナは山のワイン』

 

標高1200m の畑

「ベナンティ」はエトナの全てを知っている。エトナ火 山の北斜面、東斜面、南斜面、西斜面、全てに畑を 所有している。

『標高は一番低い畑でも 500m。最も高い畑は葡萄 栽培の限界を超えているとも言われる 1200m でカ リカンテを栽培している』

そして、もう 1 つ重要なのが樹齢。「セッラ・デッラ・コ ンテッサ」が産まれる畑の樹齢は 100 年を越す。

■セッラ・デッラ・コンテッサ(南エトナ)

『セッラ・デッラ・コンテッサはフィロキセラに侵されて いない自根のネレッロ・マスカレーゼとカプッチョが混 植されている』

標高は 500m。エトナ南斜面らしい柔らかく、雄大な ワインが産まれる。重心が低く、重厚な味わい。

■ロヴィテッロ(北エトナ)

近年注目の北斜面「カスティリオーネ・シチリア」。標 高は 750m で樹齢は平均 80 年。

『葡萄が熟すまでの時間が長く、果皮の成分が成熟 する。硬質なミネラルを表現するのに向いていて垂 直性の味わいをもたらす』

■ピエトラマリーナ(東エトナ)

エトナ・ビアンコで唯一スペリオーレを名乗れる畑「ミ ロ」。東斜面で雨が多いのが特徴。

『標高は 950m で樹齢は 80 年。乾燥を嫌うカリカン テが最もミネラルを表現できる畑。雨が多いのがプ ラスに働く』

西斜面の標高 1200m の畑にはカリカンテが栽培さ れていて酸度を活かしてスプマンテが造られている。 各地域の個性を活かしきっている。

エトナ新時代

近年、注目の産地となった「エトナ」。新しい造り手が 多く出てきている。「グラーチ」や「ジローラモ・ルッソ」 のような新しいタイプの「エトナ」も認めている。

『飲み心地がよくタンニンも少なく、ブルゴーニュのよ うな新しいエトナも素晴らしい。でもベナンティは古 典であって変わってはいけない』

例えば、近年の「ネレッロ・カプッチョ」を軽視する動き についても否定的。「マスカレーゼ」と「カプッチョ」の ブレンドがエトナの伝統だと言う。

『カプッチョは酸度が低くタンニンも少ない。確かに マスカレーゼの方が優れている。しかし、混植するこ とで互いの欠点を補い合う』

硬いミネラルに柔らかさを与えるのが「カプッチョ」の 役割で、それがエトナの個性。 白ワインでは酸度が高く香の少ない「カリカンテ」にフ ルーティーでアロマティックな「カタラット」をブレンドす ることが流行しているが、これにも否定的。

『カタラットはエトナ原産ではない。エトナ原産の白葡 萄はカリカンテ。酸とミネラルが特徴。それを消すな んてエトナの個性を消すのと同じ』

一般的に好まれる味わいを目指すのではなく、エトナ 本来の味わいを残そうとする彼等。エトナのパイオニ アとしての強い意志が現れている。